意外と知らない

Funeral

お墓を購入する際によく耳にする永代供養という言葉。しかし、永代供養とは詳しくどういうことなのか分からない…といった人も多いことでしょう。ここでは、歴史も踏まえて紹介します。

Read More

高い買い物の1つ

Funeral

人生の中で大きな買い物といえば、家、車、墓です。特にお墓というのはいくらかかるのかイメージしにくいので、費用について少し学んでおくようにしましょう。ここでは、主に永代供養について紹介しています。

Read More

最近のサービス

Funeral

近年では、お墓を購入すると同時に永代供養のサービスがついています。永代供養というのは、お墓参りに行けない場合でも管理人がかわりにお墓へ参り、きれいにしてくれることです。

Read More

計画をしよう

Funeral

相場がわからない位牌の値段が気になる方はこちらをチェック!通販サイトを利用することで特別価格で購入出来ますよ。

準備は早めに始める方が良い

お墓の引越しは引越し先の霊園を決め、新しく石を建てるか現在の石を持ち込むかを決めていきます。後者の場合でも持ち込めるのは石塔のみで外柵やカロートと呼ばれる納骨スペースは新たに作り直す必要があり、持ち込み部分も区画の広さや霊園の規定によって加工が必要なことがあります。また、どちらの場合でも引越し元で使っていた区画は更地に戻す義務があります。これに加えて役所に提出する書類の準備などもありますから、時間的な余裕を充分に見ておく必要があります。 そして、引越しを考え始めたら、まずは引越し元の霊園や墓地にそのことを伝えましょう。特に寺院墓地ですと檀家になっていることがほとんどですから、事前にしっかり話をしておかないとお寺の心象を悪くしてしまいます。ここの話し合いがスムーズでしたら、離檀に際してトラブルが起きにくくなるというのも大きなメリットです。

石を新しく建てるか永代供養できるお墓を選ぶか

現在のお墓の引越しでは、元々のお墓の石を持ち込むというケースは少なくなっています。民営霊園などですとセット墓地というものが販売されていることが多く、永代使用料と墓石のセットで100万円以下でお墓が作れるものもあるため、これを選ぶ人もたくさんいます。セットですとある程度デザインは決まっていますが、それでも石の種類が選べたり、墓石のデザインを何パターンかから選べるなど、セミオーダーのようなスタイルになっているものが多いです。 また、お墓の後継ぎがいないといった点から、永代供養墓や納骨堂、樹木葬といった継承者がいなくても供養してもらえるタイプのお墓を選ぶ人も増えています。 どちらの場合も、墓石の持ち込みよりも費用が抑えられることが多くなっています。

遺族のためにも、今のうちに終活を始めると良いですよ。後悔の無い人生にするためにも、専門のサービスを利用してみると良いでしょう。

電話一本で即日対応となっているので遺品整理を東京で依頼したいと考えているならこちらからとなっています。

オススメリンク

  • こころあ堂

    洋間にピッタリとなっている仏壇を買うことができるので内容が気になる人はここを確かめてみましょう。詳細をチェック!