最近のサービス

Funeral

何らかの事情でお墓参りが行けない場合において、お寺や霊園の管理人などが代わりに行うことを永代供養と呼ばれています。仕事の都合などでお墓参りが出来ない時には特に重宝する永代供養となりますが、近い将来においての今後の需要について予測をしていきます。 基本的には親族がお墓参りを行うことが前提となっていますが、海外に住んでいる場合などは日本に気軽に戻ることが出来ないです。そのような方でも気軽に利用出来るのが永代供養であり、自分の代わりにお墓参りなどを行ってくれる便利なシステムです。このようにお墓との距離が離れすぎているケースもあるため、このような方を中心に利用率や需要が高くなっています。なので永代供養は今後の多くの方が利用することが予想されるため、需要についても継続して伸びていくと考えられます。

永代供養というシステムという便利なサービスがあり、自分の代わりにお寺の管理人などがお墓の手入れなどを行ってくれます。一見するとメリットが多いサービスのように見えますが、一方で注意事項についてもあるためそれについて紹介をします。 注意事項とはあまり頼りっきりにしているとお墓自体の存在を忘れてしまうことであり、場合によっては無縁仏となってしまいます。こうなると親族のお墓が取り壊されてしまうこともあるため、あまり長期間利用するのは注意が必要です。あくまでも一時的な措置として利用する制度となっており、基本的には自分たちでお墓参りなどをすることが重要です。なのであまり任せっきりにしすぎると無縁仏になって取り壊されてしまうことがあるため、その点については注意が必要です。