高い買い物の1つ

Funeral

永代供養墓の購入費用について

お墓の値段は高いというイメージを持っている人が少なくありませんが、永代供養の保証がついたお墓を買うようにすれば、その購入費用を安く抑えられる可能性が出てきます。遺族に代わって永代供養をしてくれることになっていますから、普通のお墓を購入するよりも値段が高めの設定になっているのではないかと思い込んでいる人が多いのですが、それは大きな誤解です。ほとんどの永代供養墓は、納骨後に三十三回忌を迎えた段階でお墓から遺骨を取り出して合祀墓に移す契約になっています。遺骨を合祀した後で空になったお墓を別の人に売ることができるため、その分だけ料金が安めの設定になっています。合祀後もきちんと永代供養を続けてもらえることになっていますから、供養の手が抜かれてしまうような心配はありません。一般に、合祀までの期間が短ければ短いほど、お墓の値段が安くなっています。

お墓の承継者がいない人が増えてきています

昔は、どの家も先祖代々のお墓を持っていて、そのお墓を子や孫が引き継いで守り続けていくのが当たり前になっていました。しかし、核家族化が進んだことに加えて、一生結婚しないという選択や子供は作らないという選択をする人が多くなってきたことが原因となり、先祖代々のお墓を維持し続けていくことがとても難しくなってしまいました。たとえ先祖代々のお墓を持っていたとしても、そのお墓がある場所が居住地から遠く離れているような場合は、なかなか行くことができません。結果的にお墓が放ったらかしになってしまうケースが多いのですが、そのようなお墓が増えてしまうと、墓地全体が荒れてしまいます。そのため、たとえ承継者がいなくても管理会社が責任を持って供養してくれる永代供養付きのお墓を購入する人が増えてきました。自分の子供に余計な負担を負わせてしまう心配がなくなるため、永代供養墓が高い人気を集めています。